毛鉤で川鱸

takezox.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:海にて( 116 )


2006年 05月 19日

新ブレイデッドループのススメ・・・・・・・・・・・

先日の遠征で、掛けたが獲れなかった魚の中にブレイデッドループを千切って行った奴がいた。
ティペットは「 グランドマックス5号 」を使用していたので、パワーバランス的にブレイデッドから遣られるのはおかしいのだ。
以前から不安に感じていた事が原因であると確信している。
フィシングアドバイザーに相談した所、瞬間接着剤の使用方法に問題があったらしい。
確かに不安要素としては認識していたが・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
そこで、新しいループの作り方とグッズの使用方法を伝授してもらった。

f0026146_13262611.jpg


f0026146_13264684.jpg


さぁ こてから、全てのブレイデッドループを交換しなければならない。
正直、面倒だが掛けた魚は全て獲りたいので仕方ない・・・・・・・・・・・・・・・。

やろう!!
[PR]

by takezox | 2006-05-19 13:27 | 海にて
2006年 05月 11日

あっ・・・・・・・・。

f0026146_1772454.jpg



風が落ちた・・・・・・・・・・。
こりゃぁ じっとしている訳にはいかない。
[PR]

by takezox | 2006-05-11 17:03 | 海にて
2006年 05月 09日

サイトの誘惑・・・・・・・・・・


f0026146_16403962.jpg


f0026146_1641580.jpg

フライを始めるまでは、見える魚は釣れないと思っていた。
思っていただけでなく、何度もチャレンジした結果 「見えてる魚は釣れない」に辿り付いたのだ。
よって、見えない魚が居るであろう場所をピンポイントで狙って打つ釣りばかりしていたのである。
「やっぱり居た! 絶対居ると思ったんだよ!」が、釣れた時の喜びのひとつであった。
見えてる魚を釣るのは、子供相手の小さい釣堀程度にしか考えていなかった。
フライを始めた後も、サイトで釣る楽しみも知ろうとせずに、ブラインド(何も考えずに投げる意味ではない)の釣りに傾向して行った。
しかし ここの所、忍野のヤマメにせよ、今回の遠征の魚(私には探せないが)も、サイトの釣りを心の底から楽しんでいるのである。
そこには、子供相手の釣堀とは次元が違う世界があったのである。
まだまだ入口を見ただけに過ぎないが、どっぷりと浸かってみなければ本質を見誤ってしまうのである。
ブラインドの「突然の衝撃による感電」も大好きだが、サイトの「胃が口から出そうな緊張」も好きになりそうである。


フライに限らず、やってみればどんな釣法でも楽しいのである。

f0026146_16412774.jpg

[PR]

by takezox | 2006-05-09 16:42 | 海にて
2006年 05月 09日

早速使ってみた・・・・・・・・・

f0026146_1631298.jpg


早速、先日のリールに「 Airflo Bone Fish taper #8 」を巻いて遠征に持ち込んだ。
ドラグの効き具合は、問題無い程度だが最初のスベリ出しがもう少し素直に出てくれれば申し分無いのだが・・・・・・・・・・・・。
気に入っていた、透明感のある逆転音は、最初にラインを出す時しか聞く事が出来なかった。
スプールを外して確認すると、音を出すツメがブッ飛んでいた。
一匹目のダッシュで遣られたのかもしれない・・・・・・・・。
私は、リールが逆転している時の音に酔いしれたい方だが、すべり出しと耐久性を考えると、やはり上位機種を導入しなければならないのであろうか?


f0026146_16312753.jpg

[PR]

by takezox | 2006-05-09 16:32 | 海にて
2006年 04月 27日

珍しく、こんなリールを買った・・・・・・・。

f0026146_15243774.jpg


散髪のついでに寄った中古釣具屋で、久々に気に入ったリールを発見した。
割と小さく纏まったアンチリバースのリールなのだ。
メーカーは、「 ピータースロード 」と書いてあるが、こんなメーカーは、私は知らない。
あまりメーカーは気にしない性分なので、そんな事はどうでも良いのである。
でも、一応調べてみると どうもマミヤらしい。

ドラグやクラッチは、現在出回っている安価なリールの構造の物が搭載されているが、自分の釣りの範囲を考えると十二分の働きをしてくれると思う。
品番の語尾に「 78 」と書いてあるから、#7とか#8に適したサイズなのかも知れない。

私的に、今更ラージアーバ以外のリールに手を出すとは思わなかったが、マットブラックのボディーカラーと、華奢な印象を受ける程の穴の開け方・小さいのにメカチック、そして シマノの最上級スピニングよりも透明感のあるドラグの逆転音に魅力を感じて購入してしまった。
フェンウィックのCFF-7’6”-#7#8 を購入した時もこれに似た魅力を感じたのを覚えている。

物選びは、機能しか求めない方だが、フェンの竿にしてもマミヤのリールにしても、こじんまりと纏まった物には弱いのかもしれない。

とりあえず、バッキングにPE-1.5号(8.8㎏)を300m巻いた。
本気で働いて頂く予定なのである。

f0026146_1525152.jpg


f0026146_15251537.jpg

[PR]

by takezox | 2006-04-27 11:05 | 海にて
2006年 04月 25日

足付フライ

f0026146_180775.jpg

昨年、このフライで楽しませて頂いた。
色違いで2・3本巻いてみよう。
思いを込めて巻いてみよう。
そうしよう。
そうしよう。
[PR]

by takezox | 2006-04-25 18:01 | 海にて