毛鉤で川鱸

takezox.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 04日

帯に短し、襷に長し・・・・・・・・・


昨晩(夕?)多摩川に浸かった。
私的に、一年で一番数釣りが可能と思われる季節である。
昨年は、当り年だったのか? もっとフッコクラスの反応が多かった事を思い出す。

年始から、長竿によるキャストの練習を行っているので、何が何でもこのタックルで結果を出したいと思い、その日の条件など度外視で釣場に出向いているのだ。

さて昨晩だが、タルタルの上げの無風の中での釣りである。
当然、飛距離も出ないので、キャスト後のランニングライン先端とティップの間(約5.5m)しかない範囲でリトリーブの釣りをした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

流れでもあれば、扇状に流す事もできるのだが・・・・・・・・・・・・・・。




こんな日は、素直に片手投げ竿か? ルアー? でも持ってくる事にしよう。



うん うん ・・・・・・・・・・・そうしよう。



f0026146_13374113.jpg

[PR]

by takezox | 2006-07-04 13:38 | 川にて


<< 穴 →→→ 裂け      ・・・・・・もぅ 限界です。 >>