2006年 06月 25日

・・・・・・もぅ 限界です。


6月23日 21:00 帰宅
  フライを巻いたり、その他の準備をし、シャワーを浴びて歯を磨く。

6月23日 23:45 出発
  忘れ物がない事を確認し、終電に乗り湘南の某駅に向かう。

6月24日 0:55 集合
  某駅に到着し、ヤスの車に拾ってもらう。

6月24日 1:10 作戦会議
  ヤスの家で30分程雑談をし、ギラギラ度を上げる作業。

6月24日 1:50 出発
  某沢に向かい出発。
  運転をお願いし、睡眠時間に当てるが、一旦上昇したギラギラにより眠れず・・・・。

6月24日 3:30 車止に到着
  他の釣師と沢割をする。

6月24日 4:00 沢へ出発
  暗い林道を黙々と歩く。

6月24日 5:30 目的の入渓点に到着
  汗ダクの中、持ってきたビールに舌鼓を打つ。

6月24日 5:45 釣り開始
  交代とアホ話を繰り返し、ヨロヨロしながら釣り上がる。

6月24日 11:50 座って飯
  ようやく、腰を下ろし握り飯に食らい付く。
  動かないと寒いので、早々に釣り開始。

6月24日 15:15 沢上がり
  車止に向かい出発する。
  前半は、ヘビに驚かされながらもお喋りしながら歩くが・・・・・・。
  後半は、二人とも無言で、ただ黙々と林道を歩く。

6月24日 17:30 車に帰還
  ・・・・・・・・・・・・。
  ・・・・・・・・・・・・。
  ・・・・言葉も出ない・・・。

6月24日 17:50 ヤス家へ出発
  抜け殻のまま出発するが、10分程で力尽き、道端で二人共爆睡・・・・・・。

6月24日 21:30 湘南某駅に到着
  ヤスと別れて、偶然来たライナー号に乗る。
  快適な車内とリクライニングシートに座り、睡魔と闘いながら川崎駅へ。
  (睡魔に負けると、東京駅まで行ってしまう)

6月24日 22:20 川崎駅に到着
  最後の力を振り絞り、家までダラダラ歩く。

6月24日 22:35 我家に到着
  濡れ物を風呂場に放り込み、そのまま・・・・・・・・・・・。
  ・・・・・・・・・・・・・・。
  ・・・・・・・・・・・・・・。


今回3度目だが、毎回 体力と気力の限界だと感じる。
多分、これが私の限界だと思う。
これ以上の釣りは、誘われても行けない。

しかし、雨でも 晴れても あのロケーションは素晴らしい。
あの森の爽快感と怪しさは、そこに行き、包まれなければ感じる事は出来ない。
体力が持つ内にまた行かなければならない。

渓流釣師は凄い! すぅんげー事をしているのである。

f0026146_157826.jpg

[PR]

by takezox | 2006-06-25 15:12 | 川にて


<< 帯に短し、襷に長し・・・・・・・・・      墓場箱 >>