毛鉤で川鱸

takezox.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 18日

雨・・・・・・・・・・・・・。


雨 雨 雨・・・・・・・・・・・・・。
雨ばかりである。
梅雨なので仕方ないのだが、雨雨雨雨・・・・・・・・。
釣りに関しては、雨降りは然程気にならないが、カメラを取り出す事を躊躇してしまうのである。
仮に、「雨の中釣れたとしても、写真に収める事が出来ない!」と考えると、腰が重くなってしまい家でダラダラとしてしまうのだ。
これは、非常に問題のある発想であって、今まで「釣れない事を確認する為に、釣りに行く」事が大半を占めていた私の釣行にブレーキがかかってしまいかねないのである。
そこで、写真に収める意味を考えてみた。

①. 釣行記録の一環として。
②. 他の人に自分が釣った魚と出会うまでの軌跡を見てもらいたい。
③. 釣りをとりまく他要素に対する向上心。
④. 記憶の補足。
⑤. 私自信のあとの「お楽しみ」。
⑥. コミュニケーションツールとして。
⑦. その他・・・・・。

考えてみると、非常に広範囲の欲求処理に貢献している様である。
自分自身を奮起させる為に書き始めた「お題」だったが、「腰が重くなるのも、解らんでもない・・・・・・・・」と言う、私の意思とは全く逆の結論に向かってしまった・・・・・・・・。


仕方がない・・・・・早く雨が止む事を願う事にしよう。
[PR]

by takezox | 2006-06-18 12:53 | 川にて


<< 墓場箱      速報・・・・・・・・・?? >>